スポンサーリンク

モノアミン仮説は正しいのか否か

病気の話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分が飲んでいるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニン不足を改善する薬ですが、果たしてセロトニン不足がうつ病の原因なのか。

確かに運動や太陽光を浴びるとセロトニンが生成され気持ちが楽になる気がするし、積極的にセロトニン不足を解消しようとビタミンB群などのサプリも摂取していますが、寛解には程遠いです。

むしろ、薬を止められない体になってきてしまっているのが心配です。

薬を飲み続けても寛解しない。

薬が効いてる間だけ、幾分気持ちが楽になる気がしますが、またすぐ抑うつ状態になり、酷いときは希死念慮が顔を出します。

ネットで調べても、薬でうつ病が改善するのは約半数、寛解まで行く人は更に少ないようですね。

で、モノアミン仮説ですが、モノアミン(セロトニンやドーパミンなど)の中の、特にセロトニンが不足してるからうつ病になるって事は、意図的にセロトニンを減らせば100%うつ病になるかって言ったら、そうではないみたいですね。

うつ病から抜け出したいから色々調べれば調べるほど分からなくなります。

ただ、個人的にはセロトニン不足は解消した方がいいと思いますし、その為に薬を飲んでます。

じゃあ、自分のセロトニンは本当に不足してるのか?って言ったら検査してないから分からないですね。

正常な人がセロトニン満タンかも分からない。

うつ病=セロトニン不足という思い込み。

すべて100%じゃないんですよね。

セロトニンを増やす薬を飲んでも100%治るわけじゃないし、セロトニンを減らしても100%うつ病になるわけじゃない。

病気なんて、特に精神疾患なんてそんなもんですかね。

目に見える怪我や病気じゃないし、あくまで気持ちを自己申告してるだけだし、100%を求めるのが無理ですね。

それにモノアミン仮説、仮説という所がポイントなんですかね。

あくまで仮説ですよーって。

仮説に基づいて薬を処方して、仮説に基づいて薬を飲んでる。

で、仮説通り良くなる人もいれば、仮説だから良くならない人もいる。

でも、先程も述べた通り、確かに薬を飲むとちょっと気持ちが軽くなるし、運動や太陽光を浴びるのも良い。

生きてるからには規則正しい生活をして、しっかり体を動かせば、うつ病にはなり難いのは事実なのかな?

と、いいながら今日2回目のアルプラゾラム(ソラナックス)を飲んでゴロゴロしてます。

今日は胸のザワザワがいつもより酷いです。

薬があまり効かないから色々考えてしまう。

嫌な気持ちになったら意識が無くなるように眠れたら楽なのになぁ。

ま、今の自分はベンゾジアゼピン系抗不安薬とSSRIの力に頼るしかないですね。

エビリファイというブースターも使いながら。

寛解できたらラッキーだなぁ。

 

 

 

オススメ本

↓パニック障害の方には是非読んでほしい


 

↓転職する勇気が貰えます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 [ ゆうきゆう ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/10/23時点)


 

↓自己暗示って本当にあるかも


 

↓うつ病はウイルス?!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
PVアクセスランキング


 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました