スポンサーリンク

うつ病は当事者じゃないと分からない

病気の話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ですよね。うつ病の辛さを他人に説明しても伝わらないもどかしさ。

希死念慮や抑うつ状態の辛さは当事者じゃないと分からない。

それが毎日続く地獄の苦しみ。

そういう自分も理解が無い人間でした。

うつ病は甘え、心が弱いだけ、と数年前の自分は思ってました。

今思うと…ぶん殴ってやりたい気持ちです。

ちょっと憂鬱な気分ってレベルじゃないんだよ。

もうこの人生を終わりにしたい、楽になりたい、そんなドン底レベルが毎日続くんだよ、と人に話してもイマイチ手応えないですよね。

うつ病未経験者の、誰だってそんな時あるよ、って言葉が嫌いです。

ただ、まあ、お互い歩み寄りが大事というか、あまりしつこく理解させようと説明すると引いちゃって周りから人が居なくなり孤独…って事態も経験しましたし。

この人の理解度は50%が限界って自分で見切りをつけて深追いしないようにしてます。

うつ病同士だって100%理解し合えるのは難しい。

自分のドン底希死念慮タイムと他の人のレベルは違うと思うし、自分はまだ軽症の類だと思ってます。

ただね、最初から全否定はしないで欲しいのよ。

そういう考えに陥ってしまう人がいるんだ、と頭の片隅に置いて欲しい。

自分の常識だけで世界を語らないで欲しい。

なんでこんな事書いてんのかと言うと、久しぶりに話した友人にまさに生き方を全否定されたから鬱憤が溜まっただけです。

とりあえず最後にこれだけは言いたい。

バカヤロー!!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
PVアクセスランキング


 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました