11/29 初カウンセリング詳細

病気の話
スポンサーリンク

キッカケは主治医が変わったこと

4年通院して初めて

11/29の通院日、主治医の診察を受けた後、カウンセリングを受けました。

10月に主治医が変わったタイミングで初めてカウンセリングの提案をされたのがキッカケです。

私はうつ病、パニック障害、不安障害、強迫性障害で4年前から通院中。

主治医としても現在の病状を知るのにその方が手っ取り早かったのかもしれませんね。

自分も興味があったのでお願いしました。

カウンセリング開始

心理士さんは自分より若い

同年代の男性が来るかと思っていたら、呼びに来たのは明らかに自分より若いであろう女性の心理士さんでした。

大人しめな外見で物腰柔らか、今どきではなく地味目で優しそうな印象を受けました。

第一印象は重要なので、その点は安心しました。

まずは自己紹介から

初カウンセリングなので、まずはお互いの自己紹介。

まあ、私についてはカルテを見て大方知っているでしょうが。

この自己紹介でも優しい話し方で人を安心させるタイプの方、という印象を受けました。

守秘義務について

私が話す内容はプライベートな事も含めて全て守秘義務で守られます。

心理士さんは私の病状について主治医と話す事はあっても、カウンセリング内容を主治医も含め、他に漏らす事はありません、というもの。

ただし例外があり、私と私の家族の命に関わる事については守秘義務の範囲外になります。

命に関わる事…希死念慮はまだたまにありますが、実際に行動に移す事は今のところ無いので大丈夫だと思われます。

話した事

過去の話

まずは病気を発症するきっかけになった経緯から話し始めました。

あまり思い出したくないし、現職場の仕事内容や人間関係が死ぬほど嫌なので精神的にキツかったですが、まずはここから話さないと、と思い必死に振り返り話しました。

基本、質問に対して私がベラベラ喋り、心理士さんは相槌を打つ程度です。

未来の話

過去の話が終わり、続いて未来の話しへ。

転職を考えている事を話しました。

休職中ではあるが働く意思がある事。

今の職場では病気は寛解しない事。

自分がやりたい仕事がある事。

今までと全く違う新しいチャレンジがしたい事。

その実現に向けて行動している事を話しました。

ここでも私がひとりでベラベラ話すばかりで、心理士さんは合間に相槌を打つ程度。

あまり話さない人なのか?

これがカウンセリングか?

と内心思っていました。

現在の話

次に、現在どんな生活か、どんな困り事があるか、不安の種は何か、について話しました。

現在の生活はブログに綴っている通り、非常にゆるい生活である事。

運動はたまに散歩する程度。

寒くなってきて家にいる時間が多い事。

食事をちゃんと摂らない日がある事。

夜中に何度も目を覚ましてしまう事。

希死念慮がある事

すぐ薬に頼ってしまう事。

禁煙できない事。

日常でパニックになりそうな事が度々ある事。

パニック持ち故、転職に不安がある事。

を話しました。

心理士さんの意見

当たり前ですが大事なこと

この辺りで心理士さんも口を開くようになり、ようやく意見が聞けました。

人見知りでしょうか。

まずは当たり前ですが、食事はちゃんと摂り、軽い運動、散歩でもすると良い、特にお日様に当たるのは大事。

夜中に目覚めるのは体力を使っていないせいかもしれない。

薬に頼らざるを得ないときは頼るべき。

死にたくなるほど辛いときに死にたくなるのは正常。

禁煙は出来るならした方がいいが、ストレスが掛かることは一度に全てを進めない。

パニックになりそうになったら、なった時の事じゃなく、ならなかった時の事を考える。

パニック持ちでも転職を自分で決めた事なら自分の責任、上手くいかなくても他人のせいにするより自分の判断によるものとした方が良い。

こんな感じでした。

それからは雑談も交えて、ネガティブ思考じゃなくポジティブに、0か100じゃなく60〜80なら上出来と思うように心掛ける等々…。

終わってみて

普段の自分以上を引き出せた?

気付けば1時間みっちり話していました。

私は初対面の人と話すのは緊張する方で上手く伝えられるか不安でしたが、今回は緊張もせず、自分から話したい欲求が強く出て1時間ほぼ喋りっぱなしでした。

自分はこんなに人見知りせず話せたのか、

相手に分かりやすいように説明出来たのかと自分でも驚いています。

何かこう今までの自分以上のものを引き出せたような気がします。

「心理士」という肩書きがそうさせたかもしれないし、それが心理士の仕事かもしれないですね。

一応、自分の中で話したい事をまとめて臨みましたが、

担当の心理士さん、話しやすかったです。

受けてみて良かったのか

今回、初カウンセリングで不安でしたが、終わってみたら幾分気持ちがスッキリしたような、次は何を話そうか、とストレス発散出来る場として楽しみに思えます。

やはり吐き出すって大事ですね。

職場も家庭も関係無い相手だから変に気を遣うことも無いし、弱音も吐けるし、自分の思うままに話せました。

カウンセリングを受けてみて良かったと思います。

 

 

オススメ本

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
PVアクセスランキング


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました