パニック持ちに床屋はキツイ

病気の話
スポンサーリンク

今日は転職先の最終面接に向けて身だしなみを整えようと散髪に。

行きつけの床屋さんに10時に予約を入れ、5分前に到着。

なかなか混んでいてすぐにはやってもらえない。

コーヒーを戴きながら待つこと数分、やっと順番が来ました。

すでに待っている段階でパニックの予兆である目眩と発汗があり不安でしたが、とりあえず案内された席へ。

落ち着け、落ち着けと念じながら。

サイドと襟足をさっぱりしてもらい、心も次第に落ち着いてきて、顔を剃ってもらう頃には気持ちよくなってました。

やってもらってる最中は必要な会話以外、何も話さない店なのが救いです。

会話があると、返答をどうしようか、今のは間違ったリアクションだったか?こちらからも話題を振らないと、と色々考えてしまいます。

それが焦りになり、パニックになりそうになり、その店に行けなくなります。

今の店はそれが無いだけ良いです。

 

腕はイマイチですが。

 

帰りにホームセンターでゴミ袋とティッシュが安かったので購入して帰宅。

帰宅後、鏡で再度仕上がりをチェック。

 

…やっぱりイマイチ。

  

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
PVアクセスランキング


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました